節約ゲーム〜東京で月5万円生活

早期リタイア目指してます。東京(八王子)で、月5万円生活に挑戦中!

王になった経験

 

ソーシャルゲームにハマったことがある。

 

ガラケー時代のポチポチゲーム

スマホのように端末性能が高くなかったので、ひたすら❺ボタンを押していけば話がススムようなゲームだった。

 

 

 

そのゲームではプレイヤーが4つの陣営に分かれて陣取り合戦をするようなゲームだった。

 

 

ゲームは公式に各陣営のキングプレイヤーを定めなかったが、課金して強いキャラクターを作ったプレイヤーが各陣営のキングや幹部プレイヤーのように見なされる傾向があった。

 

 

レベル上限が999と高く、高レベルプレイヤーが目立って強くなる仕組みがあったことで各プレイヤーの力量差がわかりやすかった。

 

 

私はそのゲームにどっぷりハマった。戦い方次第で弱いプレイヤーが最強プレイヤーに勝てる戦闘システム、その戦略性の奥深さに魅力を感じたことと、ソーシャルゲームだったので今よりプレイヤー同士の交流が多くて毎日多くの人と色んな会話をしながらゲームを進められたことが楽しかった。

 

 

月平均10万円前後の課金をしていった結果一年後には所属勢力のトッププレイヤー、王になった。

 

今のスマホゲームで月10万円程度の課金じゃトップには登れないと思うが、課金がキャラを引くガチャではなかったり、頭を使って効率的にゲームしていくことで課金の補完ができたことが大きかった。

 

 

Lv 999への到達、各イベントでの上位ランクインを繰り返すうちに

 

陣営の王に祭り上げられたのである。

 

 

公式に王と言うポジションがないため自称の王だが、自分で自称していたわけではなく、陣営の多くのプレイヤーに「うちの王はひで吉さんだ」と言われていた状況だ。

 

※当時のプレイヤーネームはひで吉ではない。

 

 

王の主任務は陣営対抗イベントの指揮、各種攻略情報の発見と周知、各陣営トッププレイヤーとの対戦など

 

 

各陣営トッププレイヤーもまた凄腕揃いだった。

 

匿名のソーシャルゲームだったのでどこまで本当かわからないが、他陣営に居たそのゲームで最強のキングプレイヤーは社長で、昼間は部下にレベル上げをさせるなどして休みなく稼働していると言う噂まであった。

 

そして携帯を複数台所有して各陣営の内情まで把握しているというのだ。

 

 

密偵と言われたサブアカウント

 

各陣営がどう言う作戦で戦っているのかを探るために携帯を4台持つのが主流だった。

 

私も王になり4台持ちとなった。

 

 

陣取り合戦ではプレイヤーをAチームからGチームまで7つに分けて、チームごとに隊長を置いて部隊を組織させて、作戦を立案して戦った。

 

 

自分が強くなるだけじゃなく、自陣営のプレイヤーの力を底上げすることにも注力した。

 

課金しなくても戦い方を工夫することで課金プレイヤーに対抗することができるゲームでもあったので、初心者教育や攻略法の伝授に力を注いだのだ。

 

 

最盛期には数百〜千人近いプレイヤーが自分の指揮の下で一緒に戦ってくれた。

 

 

部隊を組織して、密偵で情報を集めて、幹部や部隊長を集めて作戦会議、そこで作戦を立案して各部隊に伝達。

自らも先頭に立って敵陣営に切り込む。

 

 

日本で言う戦国時代の武将になったような思い出である。

 

 

仕事そっちのけで睡眠時間を削って遊んだ。

 

 

3年くらい人生を捧げたゲーム

 

使ったお金は200万円くらい?かな。

 

 

貴重な、そして最高に熱中して楽しんだ思い出だ。