節約ゲーム〜東京で月5万円生活

早期リタイア目指してます。東京(八王子)で、月5万円生活に挑戦中!

もしリタイアしたら〜

 

リタイア後の生活を想像するのが好きです。

 

 

 

今は会社と家の往復で人生の5/7が消費されていますが、100%自分の思う通りに人生を歩むことができるようになったら。

 

 

 

アレをしたい、コレをしたい。

 

リタイアしたらやりたい事リストを作るのが楽しいですね。

 

 

 

節約5ヶ年計画で目標金額まで資産を貯めてリタイアと言っても、何不自由なく暮らせる資産が貯まるわけではありません。

 

 

節約生活をしながらであれば、食べていける程度の金額です。

 

 

つまり貧乏リタイアになります。

 

 

 

救いは、月5万円で生活している現在より、リタイア後はお金が使える計算であると言う事でしょうか。

 

 

 

 

『リタイアしたら今よりお金が使える』

 

 

これもリタイア後の楽しみであり、今を堪え忍ぶキーワードでもあります。

 

 

 

ツライ仕事の合間に、『あと4年ちょっと耐えれば、自由で、今より楽な生活が待っているんだ』と自分に言い聞かせて頑張っているわけです。

 

 

 

リタイア後の生活を想像することで節約意識を高めてもいます。

 

『欲しがりません、リタイアまでは!』

 

 

まさにそんな感じです。

 

 

 

 

リタイア後は色々チャレンジしたいなと考えてます。

 

 

 

限界、仙人生活へのチャレンジ

 

 

も、その一つです。

 

リタイアしたら今よりお金を使える余裕はできますが、一度節約の限界にもチャレンジしてみたいなと思ってます。

 

 

ずっとそんな生活を続けると言うより、一定期間、限界チャレンジ的に月3万円生活を目指してみようかな?と考えてます。

 

 

 

リタイア直後に、その後のリタイア生活を軌道に乗せるためにも良いチャレンジじゃないかと思ったりしています。

 

 

 

その後は本来の予算内でお金を使いながら、いかに生活の満足度を上げられるかのチャレンジをしたいと思ってます。

 

 

福岡と大阪と札幌に住んでみたいと言う夢もあるので、数年毎に拠点を変えて生活したいなと妄想しています。

 

 

 

 

 

リタイア後にやりたい事が沢山あるので、暇で仕方ない、手持ち無沙汰だと言うことはないんじゃないかと考えているのですが

 

 

実際に無職になった経験がないので、どうなるかはわかりません。

 

 

やりたい事もお金がかかることもありますし

 

 

楽なバイトを多少入れながらと言う生活も選択肢としては考えています。

 

ただ、住民税非課税世帯の看板は欲しいので、大きくは稼ぎません。

 

 

 

 

 

私がリタイア後の生活で考えている仕組みの一つに

 

『娯楽費は稼いだお金で賄う』方式があります。

 

 

バイトでも、投資でも何でもいいんですが、贅沢するお金、遊ぶお金はリタイア資金とは別に稼いで調達しようかな?って考えています。

 

 

 

なので、お金を使わない貧乏リタイアを基本としつつ、娯楽のためにお金が欲しくなったらバイトしようかな?と。

 

 

 

年に2、30万でもアルバイトして稼げば年に何回か旅行に行ったり、新しいiPhoneやゲーム機も買えますよね。

 

 

 

バイトは1日数時間程度の軽作業を年間通じて続けるスタイルか、フルタイムで数ヶ月集中的に稼ぐか、都合のいい時に日雇いをやるか。

 

色んなパターンを試して、自分に合った稼ぎ方を見つけるつもりです。

 

 

でも、自分の性格的には1日2時間程度の軽作業を毎日の日課のようにやる方が運動習慣にもなって良いんじゃないかな?と思ってます。

 

 

 

 

貧乏でも自由な未来を考えるとワクワクします!