節約ゲーム〜東京で月5万円生活

早期リタイア目指してます。東京(八王子)で、月5万円生活に挑戦中!

ボーイズトーク

 

今日は下ネタ記事になりますので、耐性のない方や、女性の読者は読み飛ばしをオススメします。

 

 

 

 

 

ザ・ボーイズトークです。

 

 

 

 

 

まぁでも、一応公開されるブログなので、可能な限りオブラートで包みながらいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

セミリタイアブログ界隈は大体男性ですよね?

 

特に独身貧乏リタイアの場合、男性的欲求はどうしてるんでしょうか?

 

 

 

当然セルフ処理が行われているんだとは思いますが

 

 

セミリタイアブログ界隈でその手の記事を全く見ないので、男性的欲求が少ないのかな?とも時々思ってしまいます。

 

 

 

 

あっ。

タイの外こもり的早期リタイアの方々の中には欲求が旺盛な方がいますね。

 

 

 

 

 

しかし節約リタイア組にはお金のかかる男女交際も、いわゆる風俗も縁遠い方が多いように思います。

 

 

 

 

私は我慢している派です。

 

 

そういうお店に行けるものなら行きたいし

やれるものならやりたい

 

穴があったら入れたい派です。

 

 

 

 

 

でも、節約生活を送るうちに我慢が効くようにはなってきましたけどね。

 

 

 

とある貧乏セミリタイア実践者の方が、食事を節約して粗食にしていくと、そういう元気?気力?精力?が少なくなると言っていました。

 

 

 

うーん。私は我慢は効いても枯れていないと言うか。枯れたくないなと思うわけです。

 

 

 

性的な男女交流も人生の楽しみでもありますからね(^^;

 

 

決して男としての責任が取れない身分なので、無責任な男女交際もできない。

お金のかかる風俗にもなかなかいけない。

 

 

と言うことで、最終的にたどり着いたのが

 

 

 

 

激安風俗

 

 

 

○コキです。

 

 

 

 

んー(^^;

だんだん本格的なボーイズトークになってきました。

 

 

 

書いていて少し恥ずかしくなってきたので、自分の性癖に関しては自重しますが

 

 

 

 

結論としては

 

 

節約人として、風俗にも安さを求めてお得に遊んでいますよ

 

と言った感じでしょうか。

 

 

 

 

安いと言っても1000円、2000円で済む話ではありませんので、気軽には行けません。

 

でも、節約したら全く行けないと言う感じでもありません。

 

 

 

私の風俗予算はズバリ

 

 

 

 

5000円です。

 

 

安さを追求すれば3000円まで下がりますかね。

 

 

 

あとはその、「質」の問題が横たわってきます。

 

巣鴨や大塚のピンサロ地帯であれば3000円〜5000円でも充分にお店があります。

 

 

 

 

しかし、「質」が問題になりますよね。

 

 

 

 

せっかく安くないお金を使うのだから、ただ抜ければいいと言うわけではなく、楽しく気持ちよくなりたいわけです。

 

 

 

 

そこで登場したのがライト風俗たる○コキ。

 

気軽にできる○コキならと、働く女の子の心理的ハードルが下がったことで、びっくりするくらい可愛い女の子がいる事が多いんです。

 

 

 

 

 

昨日の女の子も超可愛かったなぁ。( ̄∇ ̄)

可愛さだけならこの前の新橋のガールズバーの女の子といい勝負でした。

 

 

 

ちなみに昨日はイベント割引き込みで4500円でした(≧∀≦)幸

 

 

 

こういう激安風俗があるのも東京のいいところですね。