節約ゲーム〜東京で月5万円生活

早期リタイア目指してます。東京(八王子)で、月5万円生活に挑戦中!

知ってしまった蜜の味

 

人は一度上げた生活レベルを落とすのが難しいとよく言われます。

 

節約は慣れて当たり前になれば、それほど苦になりません。

 

だから、贅沢を知らないままの方が節約リタイアに向いているんだと思います。

 

 

そう、大人になって自立し、今日に至るまで贅沢な生活をせず、節約スタイルが当たり前のような人は、安定した節約リタイア生活を送れると思うんです。

 

 

 

*でも、こういう節約人で、お金の使い方を知らない人は、投資なんかで大金を手に入れても有効活用できずに勿体ない人生になる可能性はありますけど。

 

 

 

贅沢は蜜の味

 

 

私は節約に目覚めるまでは無駄遣いをしていた人間です。

独身で、給料=100%可処分所得ですから、それほど多くない給料でも遊ぶ分には充分なお金がありました。

 

八王子に引越す前は血迷って横浜で月7万円のマンションに住んでいた時期もあります(^^;

 

30代に入るまで貯金をほとんどせず来てしまった反動で今は極端な節約生活をしています。

 

 

リタイアへの強い思いがあったので、節約を決意してから、生活レベルを落とすことに苦労は少なかったです。

バッサバッサと様々な断捨離をしたことは、快感でもありました。

 

 

 

でも、贅沢の蜜の味も知ってしまっているのです。

 

 

この蜜の味と言うのは家賃が高い良い部屋とか、豪華な食事とかそういうのじゃないんです。

 

昔はトイレバス別、浴室乾燥機付きでしたが、安いユニットバスでも全く問題ない人間です。

 

 

 

お金を使っていたのは

 

 

夜遊びなんです(^^;

 

お酒は好んで飲まない私ですから決して呑んだくれたりはしません。

 

 

 

私の趣味はカラオケです。

歌を歌うのが純粋に好きで、今も一人カラオケとか、友達とカラオケに行ったりしてストレスを発散しています。

 

昼間カラオケに行く分にはそれほどお金のかかる趣味でもありません。

 

 

しかし、夜です。

 

スナック、キャバクラ、ガールズバー、カラオケバー

 

こういう場所に行くと野口英世さんが大量に行方不明になるんです。福沢諭吉先生の力が多分に必要になります。

 

 

 

夜遊びの何が面白いって?

 

 

そういうお店では可愛い女の子が私の歌を褒めてくれるんです。

それが仕事なんですけどね。

仕事とわかっていても、やっぱり褒められ、チヤホヤされると楽しい(^^;

 

 

チヤホヤされるのが楽しい_φ(・_・

…こうして言葉にして書くと情け無いですね(^^;苦笑

 

 

今は月5万円の生活費ですから、夜遊びするお金が全くありません(^^;

だから特に今年に入ってからは全く行っていないんですが、時々「久しぶりにガールズバーにでも歌いに行きたいな」と思うことは多々あります(^^;

 

その都度財布の中身を確認して諦めるのですが、夏休み用のヘソクリが15000円ありますからね。

 

夏休みには行ってしまうかもしれません。

 

 

しかしお店によりますが行くと1、2時間で5、6000円くらい吹っ飛ぶんですよね(^^;

半月分の食費…節約に慣れた身には気が遠くなります。

 

 

 

「時々夜遊びしたくなる」この感情が私にとって節約リタイアする上での一番の大敵かもしれません。