節約ゲーム〜東京で月5万円生活

早期リタイア目指してます。東京(八王子)で、月5万円生活に挑戦中!

アリとキリギリスの教訓

 

固定費削減が一番大切だと言う事は誰しも思うことかもしれませんが、もう少し考えてみたいなと思いました。

 

 

イソップ童話のアリとキリギリスは知ってますよね?

 

 

頑固で現実的なアリは冬に備えて夏の間中働き、計画性のないキリギリスは太陽の下で歌を歌いながら夏を過ごす。

 

もちろん最後には哀れな年老いたキリギリスが、手に帽子を持ってアリに食べ物を乞い、アリは「ほら見ろ、言わんこっちゃない」とキリギリスを蔑んで満足感を得る

 

 

と言う有名な物語です

 

でも、実際の人生では

 

 

巣から燻り出されたり、ブルドーザーで破壊されたりして酷い目に合うのはアリの方で、フットワークの軽いキリギリスはブルドーザーも避けてしまうのだと言います。

 

 

この教訓は真面目な人がバカを見ると言うことではなく

 

根を張ってしまうことへの警告だと思うんですよね。

 

人間にとって根を張る=家を買うってことであり、節約人にとっては固定費が高いことを示すと思います。

 

 

ブルドーザーを避けられたキリギリスも食べ物がなくて冬に死んでしまいます。

 

 

つまり、真面目にお金を貯める一方で、身軽になるのが最強と言うことではないでしょうか。

 

 

少し前からミニマリストが流行っていますが、かなり理想に近いです。

 

でもミニマリストは身軽さに重点を置いているので外食を多用したり高コストな面もあります。

 

経済的にも物質的にも両方で身軽な人間を目指したいな。

 

そう思う節約人でした。